ソロモンの日記

参加したイベントとかどんなことをしたとか日常的なことをだらだら書いています!

タグ:デュエマ

どうも、ソロモンです。今回は2018年10月8日に行われたデュエルマスターズグランプリ7thの感想を少し書いていこうと思います。

カードの大会から離れて約数十ヶ月、久しぶりに大会会場に訪れて思ったことは『女性や子供が多いなぁ』ということです。それはすごくいいことで、新たな層をこういう大規模な大会に呼び込めているのは凄いなあと思いました。新規ユーザーが増えることで界隈も活気づきますし、何より色々な人と同じ趣味を共有できるんですよ!こんな素晴らしいことなかなかありませんよね。

私は今回のGPも試合には参加しませんでした。理由は大会に対するモチベーションが低かったため大会用のデッキがなかったということと、ほかの趣味ができてそこにお金を割くのはどうなんだろうと思いとどまってしまったからです。
では、なぜ行ったのかというと、やはり友人の影響です。Twitterで全国からフォロワーさんなどが来るということで少しお話がしたいと思っていましたが、会場も広かったし向こうも私も含めなかなか時間が取れず結局昔からの知り合いとでカードを楽しみました。過去の構築済みとかを借りたりしてワイワイ盛り上がるカードゲームってやっぱり楽しいなと再実感しました。

今回のGPは行ってよかったと思いました。後日画像を貼って更新しますのでお楽しみに!
ではでは〜

どうもソロモンです!今回は1年半ぶりくらいになりますがデュエル・マスターズの記事を書いていこうと思っております。早速本題に入りましょう!

20171215_214310505

今回はデッキ紹介ということで自分が最も愛用している
モノクロドラグナー
を紹介していきます。
モノクロドラグナーは文字通り白と黒(光と闇文明)のドラグナーを核にした構築となっております。白と黒って厨二病みたいだね。
闇文明の強力なドラグナー『極・龍覇ヘルボロフ』『龍覇ニンジャリバン』と光文明のドラグナー『真・龍覇ヘブンズロージア』と龍覇セイントローズ』を使って呼び出せる『ドラグハート』カードを使ってコントロールし、盤面を制圧してトドメまで持っていくデッキです。
このデッキの利点
  • 守りが厚い
  • 状況に応じてカードをプレイできる
  • クリーチャーがかっこいい 
などが挙げられます。
墓地が肥えている場合は『ウェルカム・ヘル』から展開、制圧を。守りを重視したい時は『ヘブンズ・ヘブン』からブロッカーを展開、そして制圧。殴り切る場合は『エンドレス・ヘブン』を龍解させて火力を出すなど…とにかく色んなことがやれます。色んなことがやれるぶんプレイングが難しかったり一つのミスが負けに繋がったりします。

トップメタではないですが相手の意表を突くことができ、安く作れて面白いデッキとなっております。是非作ってみてください(枚数の調整がすごく難しいですが…)

カード解説徐々に言語能力が極度に下がります(正直書くのが面倒くさい)

左上から(略称使う場合もありますが)いきます。

ベルリン
ハンデス対策と色の確保。地味に呪文で選ばれないのが強い。軽量ブロッカーなのも強味。

学校男
ウェルカムヘルから出せるやべーやつ。エンドレスがある時に出すと相手クリを除去しつつ盾が2枚増えたりする。

オリッジ
イラストがかっこいい。スリーブにすごく似合う。バイクとか剣をぶっ飛ばせる。つよい。

トリッパー
3ターン目に出したら強い。マナタップインはふつーにつよい。

隼丸
忍。言わずと知れたカード。解説要らなくない?

骨ンビー
墓地肥やし。墓地から色々回収するよ。

マグナム
踏み倒しメタ。エンドレスと相性◎

ヴェィドゥー
ドロソその1。肝心な時に呪文やフィールドが落ちる。う〜んこの。

メメント
守り神。横に並ぶデッキだからめっちゃ強い。エンドレスとかと悪いことをします。

ジェニー
増してもいいと思うくらい強い。手札見れるのがつよい。

ハリデル
強い。ウェルカムと合わせて大量展開&大量除去。

サイン
ドラグナーを早出しできるかも…!要る時は要るし、いらないときは邪魔になるくらい要らない。

トリガー。素引きだと弱いけど盾から出るとめっちゃ強い。隼回収できるしね。

ミストリエス
ドロソその2。相手にも反応する。強い。除去される的。

ネオエンド
クリーチャー版ネバーエンド。
デカい。強い。やべー。の三拍子。
ヘブンズヘヴンから踏み倒すのも強い。

エメラルーダ
盾埋めする龍。DNAとかアポデイを埋めてやれ。地味に盾回収もできる。

忍者リバン
ドラグハート出すやつ。ファンパイとかレッドゥルとかね。

アポカリプス
横並びする山の人権を奪える。自クリの破壊はそんなに痛手じゃない。ある意味の守りの要。

DNA
タマ!ライフ…じゃないよ。絵が可愛い。ツインテはあまり好みじゃないけど…3ブレイカーが多い環境だからこそ輝ける。

聖ローズ
ドラグナーの核1エンドレスとかヘブンズを出すやつ。光のドラグハートがあると地味にブロッカーになるのも強い。光らせろ?知らないですねぇ。

ロージア
ドラグナーの核2殿堂入りしたのがすごく残念。1枚積にしか出来ないのがなぁ…ウェルカム以外の超次元に触れれる。強すぎる。

ヘルボ
ドラグナーの核3。ウェルカムを出せる。黒単ヘルボ使ってたら強さはわかるよね?


次元

ウェルカム
フィニッシャーその1。あまり躊躇わずに裏返していいと思います。パワーの塊

エンドレス
フィニッシャーその2。ゴリラカード。欲を言えばヘブンズをもう1枚これにしてもいいかな…?表でも裏でも強い。

ヘブンズ
ブロッカーを出したり裏返ってフィニッシャーになったり。つよいよ。

ダルク
守りの堅さがやべーやつ。守り神その2。

ホワイティ
説明しなくてもいいよね?フリーズさせる奴です。

レッドゥル
SA与えるやつ。説明不要。面倒になってきた。

ファンパイ
割と使います。相手の呪文も撃てるのも強い。

黒単ヘルボに入ってるやつです。破壊耐性つけられるやつ。山札回復がこいつしか居ないところが痛い。

それでは、『デュエル・マスターズの記事は』これで最後となると思うので今までありがとうございました!これからはゲームとか鉄道関連になると思います。
では、またねっ

【追記3月31日】ロージアが制限されたのでそこの枠が1枚アポカリプス・デイになりました。カード解説も加えさせて頂きました。

お久しぶりです。ソロモンです。もう10日以上もブログを書いていないとは…更新を待っておられた方々申し訳ございません


さて、今回は6月5日に大阪市城東区で開催された「第1回デュエルマスターズ江坂CS」のレポートとなります。(本当の江坂は豊中とかの方面ですが…)
会場になった城東区役所は綺麗で広かったです。(噂によると移転したてらしい)
さて、試合のレポートですが
今回使用したのはこちら↓


image



白黒ドラグナー(俗称モノクロドラグナー)です。
144人規模の大会でベスト64を取れました。
予選3-1、本戦1没でしたが初見殺しとしては強かったです。

回し方は基本黒単ヘルボロフと似ていますがあまり墓地を肥やさなくてもヘブンズロージアによって戦うことができほとんどのデッキに対して柔軟に対応できます。
もっと改築できるので無限の可能性があると考えています。

予選は不戦勝もあり運が良かったとしか言いようがありません。
予選
一回戦 チェインレックス 負け
二回戦 不戦勝
三回戦 サザンルネッサンス 勝ち
四回戦 赤黒デットゾーン 勝ち

本戦
一回戦 べアフガン 負け

最終結果ベスト64

となりました。

江坂CSはいい結果が残せて嬉しかったです。そして、とても楽しかったです

これからはしばらく忙しくなるので更新のペースがもっと遅くなるかもしれませんがしばらくお待ちください。


では、また次回会いましょう。
またねっ

お久しぶりです、ソロモンです。全然ブログ書いていませんでした。ごめんなさい🙏
さて今回はこのソロモンのゲーム日記でも人気のあった天門ループについて書いていきます。
まず、レシピから


image



どーん!

これは4月から使っている形のものです。
まず、核の1つミルザムが制限にかかったらため、1枚になっています。
エメラルーダ、目的不明の作戦、フォースアゲインはテンプレ通りの枚数になっています。

ヘブンズゲート3枚の理由としては、ブロッカーが減ったというところからです。
そして、盾回収要員はウルトラスターで、ドラゴンズサインから出せるため採用しました。
また、ヘブンズロージアも採用しました。
あとは基本のドローソース。


さて、リンシャンカイホ、オリオティスジャッジ、悠久などが見えますがまず、それぞれの採用理由から。

リンシャンカイホはバトゥメタで積みました。また、水呪文を唱えるだけでボアロパゴスやウェルカムヘルなど、厄介なドラグハートフォートレスや、今ですとD2フィールドなどカード指定でバウンスさせることができる上、ループの成功率も上がります。

オリオティスジャッジは、コスト踏み倒しメタです。ラストストームなどサイキッククリーチャーや、侵略クリーチャー、革命チェンジクリーチャーなどをシールドトリガーで回収しにくい山札の下に送れます。

悠久は、ヴォルグケアで採用しました。

フィニッシュはザルバで、相手を無限に強制ドローをさせる感じです。(デッキ切れで負け)

今回はここまでにします。
では、また次回

どうも、ソロモンです。今回はデュエルマスターズの記事となります。

今回紹介するのは


image



構築だけ見ても分かりにくいのですが龍墓地とジャスティスの混合型です。

回し方は基本龍墓地と似ていて
アツト、エマタイ等で墓地を溜め、知新→ドラゴンボーン→バベル→大型ドラゴン等へ繋げて行きます。



モンハンクロスの記事も書かなければならないので今回はここまでにします!またねっ


【2019.2.24更新】このデッキに入っている色々なカードが制限に行ったのでもう組むことはできませんね。

このページのトップヘ