ソロモンの日記

参加したイベントとかどんなことをしたとか日常的なことをだらだら書いています!

カテゴリ: レビュー

どうもソロモンです。今回は今更ですが2018年の夏アニメの感想をまったり書いていこうと思います。

とりあえず1クール完走した作品を並べていきましょう。

(五十音順)
  • あそびあそばせ
  • ちおちゃんの通学路
  • はるかなレシーブ
の3作品でした。この3作品につきましては感想を後述します。


次に、飛び飛びでしたが観た作品です。

  • アイドルマスターシンデレラ劇場 3期
  • ISLAND
  • すのはら荘の管理人さん
  • はたらく細胞

の4作品でした。これらは、配信されているのを観忘れたなどの理由で飛び飛びになってしまいました。(AbemaTVとニコニコ勢なのになぜ忘れるのか…)

そして、他の方のアニメレビューを見て一番気になった作品が

少女☆歌劇 レヴュースタァライト

です。これもニコニコ動画で公式が配信していたのですが、序盤数話を観逃したのもあり全く観れていないのですが評判がよかったので気になっています。一挙配信とかレンタルの発売が始まったらでも観てみたいです。


さて、今期完走した作品の感想を書いていきましょう。

1.あそびあそばせ

一言で言うと何も考えずに観ても素直に面白いギャグ&日常系アニメでした。OPの清楚感とは真逆のやべー本編、そして狂気のEDと30分があっという間に感じられる作品でした。
登場人物の全員の癖が強くて結構笑いながら観ていました。男性キャラクターだと特に、前多という執事がお気に入りでとにかく1番やべーやつなのでは?と思いました。ちなみに女性キャラクターだと香純が好きです。

2.ちおちゃんの通学路

これもギャグ&日常系アニメなのですが物語の焦点が『女子高生の通学路』という傍から見るとキラキラしているのでは?と思うものでしたが蓋を開けてみれば全く違っていて面白かったです。このアニメもOPとED(特にED)が好きで、かっこよさと浄化感が半端ないです。このアニメのキャラクターもあそびあそばせと同じように癖が強く、特にカバディ先輩はやべーやつ感が漂っていて面白かったです。

3.はるかなレシーブ

これは前の2作品とは少し違い少し真面目なスポーツ日常系アニメでした。原作がまんがタイムきららなのでキャラクターもかわいいのはもちろん、ビーチバレーを舞台にしたアニメなのでスポーツ特有の駆け引きなどがあってアニメ後半の試合には魅入ってしまいました。



今回はこんな感じで締めようと思います。2018年秋期アニメも終了後また感想を書いていこうと思っているのでよろしくお願いします。
では、また次回

どうもソロモンです。今回は7月20日に公開された未来のミライの感想をできるだけネタバレを減らして書いていこうと思います(減らしてるだけなので少しはネタバレ要素があるかもしれません)

滅多に映画を観に行かない私がこの映画を観ようと思ったきっかけは、何回もこのブログに書いているかもしれませんが私の好きな声優さんの「本渡楓さん」が「赤ちゃんミライちゃん」役で登場しているということを彼女のラジオで聴いたからです。(逆に言うとそのラジオを聴いていなかったら映画を観に行ってなかったかも…?)

前置きはその辺にしておいて早速本編へといきますが、結論から言うと結構面白かったです。
映画を観たあとに知ったのですがレビューはイマイチだったらしい…(声優さんがどうこうの話だったらしいのですが深夜アニメを頻繁に観ている私からすれば特に気になりませんでした。)

それでは少しだけ私の感想を書き連ねていこうと思います。

まずは、肝心の赤ちゃんミライちゃんですが最後まで出番があって安心しました。また、本渡さんの赤ちゃんの演技を聴いて「本渡楓さんを応援していて、好きでいてよかった」と思いました。『赤ちゃんの役をやりたい!』とずっと言い続けてきた彼女の夢が叶って本人さんではないですがすごく嬉しかったです。

次に、主人公の男の子「くんちゃん」と幼少期の私がよく似ているなぁと思い親近感が湧きました(鉄道が好きなところとか、年下の兄弟がいることとか、ワガママだったところとか…)。自分に似た主人公がいるだけで観る視線が変わるのがやっぱり面白いところですね。

3つ目に、劇中で描かれた未来の東京駅(10年後くらいなのかな?)の凄さに驚きました。(今は無いはずの)ホームドアが駅についていること。色々な新幹線が地上ホームからだけでなく地下ホームからも行き来していること(今の東京駅の地下は総武快速線と京葉線が行き来してたはず)。しかもその地下ホームに鉄道博物館かと疑うレベルの歴代の車両(0系新幹線とか)がいること。駅の標識が多言語に対応していて電光掲示板の如く変わったりしていること。などなど「とても面白い構造をしてるなぁ」と思ってしまいました。(そんな東京駅を見てみたい)

正直なところ当たり前のことかもしれないけれど人によって好き嫌いがハッキリしそうですね…私は好きですが…(ひいおじいちゃんのシーンが1番のお気に入りです)

そして私がこの映画から得たメッセージは

過去も未来も全部現在に繋がっている

ということです。

主人公のくんちゃんは色々なことをきっかけにタイムリープして、色々な人から教えてもらって成長しているのを見てこのメッセージを受け取りました。子供目線から描かれている世界はとても大きく広いものだなあと感じました。
過去がないと今が無いし、未来が無いと今が無い。きっとそういうことなんだなと思いました。


今こうやって、過去から繋がって今を生きていれることや未来があるということに感謝し、心に留めて今を生きていきたいです。

私の未来はどうなっているだろうなぁ…楽しみです。



だらだらとつまらない文を書き連ねてしまいましたが「私の」ブログですので許してください。
ではでは

お久しぶりです、ソロモンです。YouTubeとTwitterばかりで1ヵ月ほどブログを放置してました。すみません。

さて、今回は遅くなりましたが私が観た春アニメの感想を書いていこうと思います。

今期(前期かな?)観た作品は

  • シンカリオン
  • 刀使ノ巫女
  • ヒナまつり
  • こみっくがーるず

だったのですがシンカリオンと刀使ノ巫女は冬からやってたので新しく観始めたのは2作品ですね。

ヒナまつり

ヒナまつりはギャグアニメなのですがシリアスな場面などもあったりで続きがものすごく気になりました。

ギャグの部分はツッコミが早くてテンポがよくて、まるでお笑いを見ているかのようでした。OPやEDでもキャラクターのいじりがあったり、キャラクターが個性的(やべーやつ、クセがすごい)なものばかりだったりととても面白かったです。逆にシリアスな場面では、泣けるようなお話や「こういう考え方は好きだなぁ」と思うようなものがありました。このアニメを通して「いろんな人がいていろんな考えや生きる工夫があるんだな〜」ということを改めて実感しました。
本当にアンズちゃんがいい子すぎる…

また、音泉さんで公式配信されているラジオもコーナーが面白く、最終回を迎えてしまったのがとても寂しかったです。キャストさんやアニメの裏話が聴けたりするのでアニメのラジオって大好きです。

とても面白いアニメだったのでお金に余裕が出来れば原作を購入したいと思いました。


こみっくがーるず

こみっくがーるずはきらら系のアニメで、ドラマっぽいお話の進み方で面白かったです。

アニメを通して主人公のかおすちゃんの成長や他のキャラクターの可愛さを感じることができました。ただキャラクターがかわいい萌えアニメというだけでなくお話が続いていて、いろいろなキャラクターが個性的で面白かったです。毎回エンディングの入り方がよくて毎回そこが楽しみでした。

こちらも公式のニコ生があってキャストさんのお話などが聴けて面白かったです。


春アニメですごく気になったのがウマ娘です。私は3話くらいで観るのをやめてしまったのですが、評判がよく音楽も好きだったのでもっとちゃんと観ればよかったなと思いました。

刀使ノ巫女は別で語れたら記事にしようと思っていますのでよろしくお願いします。

では、またねっ

どうもソロモンです。
今回はこのブログで初めてアニメについてガタリズ(アニメガタリズかな?)していこうと思います。

私は今期
  • 宇宙よりも遠い場所
  • 刀使ノ巫女
  • 三ツ星カラーズ
  • メルヘン・メドヘン
  • ポプテピピック
  • りゅうおうのおしごと!
  • 新幹線変形ロボ シンカリオン
  • ゆるキャン
  • 衛宮さんちの今日のごはん
を冬シーズンの最終話まで完走しました。その中で紹介したい!と思った作品をピックアップして書いていこうと思います(極力ネタバレ無しにする予定なので内容が薄くなりますがご了承ください)。

宇宙よりも遠い場所
【公式サイトへのリンク http://yorimoi.com
1話を観た時に、主人公と自分がかなり似ているなぁと思い、続きがすごく楽しみになりました。この作品はただただ美少女が南極へ行く!というような作品では無く、それぞれのキャラクターの心情が現れていて、現実味があるストーリー、思わず笑ってしまう要素がありつつも感動するシーンがあるなどがありすごく面白いなと思いました。(他にも書きたいことがありすぎる…)
私は思わず12話の最後で涙を流してしまいました(深夜アニメにハマって約1年半、アニメで泣いたのは初めてでした)。

刀使ノ巫女
【公式サイトhttp://tojinomiko.jp
きっかけは主人公が好きな声優さんだったというのも勿論ありますが、去年の春から観ていたアニメ『武装少女マキャヴェリズム』に似ているのかなぁと思ったのもあります。
この作品の面白いなと思った所は現存する剣術、刀剣(作品内では御刀というのですが)が使われており、ちゃんとした監修も受けています(刀使ノ巫女公式Twitterさんがフォローしていますね)。この作品第1の魅力はなんと言ってもオリジナルアニメだということです。先が分からないというのが続きを早く観たい!という欲をそそらせてくれます。また、この作品、2クールで『今期観れなかったよ!』と言う方は総集編やニコ生の一挙配信を観て追いつくなんてことも出来ちゃいます。また、キャラ原案が艦隊これくしょん(艦これ)の方なのもいい所です。
この刀使ノ巫女、『刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火』というスマホゲームもあるので是非、プレイしてみてください!ゲームオリジナルキャラクターもいますよ!

三ツ星カラーズ
【公式サイトhttp://mitsuboshi-anime.com/
この作品は東京の上野が舞台になっています。街の雰囲気もリアルに再現されているので聖地巡礼をすごく楽しむことができます。しかも登場するキャラクターが個性的で、小学生時代を思い出すようなことがいっぱいあります。
自分は、この作品の中で斎藤さんという警察官と主人公の3人組(カラーズ)の絡みが特に好きです。
また、カラーズのキャスト(声優)さんによる番組『天才!カラーズテレビ』も、ニコニコ動画やYouTubeで配信されているので是非!

ポプテピピック
まさにネタの宝庫というような作品でした。毎回キャストが変わり、テレビで取り上げられるくらい話題になりましたね。ネットでの人気もすごかったです。ネタの元が分かればより楽しむことができるなぁと思いました(知ってるネタが一つはあると思います)。更に、番組内に色々なコーナーがあり、私のお気に入りはフランスのやつとボブネミミッミです。

シンカリオン
子供向けとは思えないくらい面白い作品です。この作品も2クール以上やるみたいで春期も放送されています。新幹線E5やE6、E7などがロボットに変形して敵とバトルするというアニメで深く考えさせられるセリフがいっぱいある作品でした。今後もシンカリオンが増えるみたいですし続きがとても楽しみです。

衛宮さんちの今日のごはん
おそらく月一でネット配信されているのかな?飯テロアニメで料理の参考にも…季節感あるメニューが登場します。Fateを知らなくても楽しめる作品です。曲がほっこりしていて好きです。


自分の冬期作品のイチオシは宇宙よりも遠い場所です(他も面白い作品ばかりなのですが…)。是非チェックしてみてください!

今回はこんな感じに紹介しました。好評であれば春、夏以降も続けていこうと思いますのでよろしくお願いします。

では、またねっ

このページのトップヘ