ソロモンの日記

参加したイベントとかどんなことをしたとか日常的なことをだらだら書いています!

カテゴリ: レポート

どうも、ソロモンです。先日、仮面ライダーの映画を観てきたので感想などを書いていこうと思います。ネタバレを入れていきますので苦手な方はお気をつけください。



感想を一言で言うのであれば
平成ライダーを好きでよかった
です。

今回の物語は少年が『仮面ライダーとできるだけ会いたい!』という願いでイマジンと契約して展開していくというものでした。
これは中盤に暴かれるのですが、それまでにも砂が出てきたり、デンライナーが出てきたり、字幕が電王っぽかったりとイマジンを思わせるような演出が沢山ありました。特に字幕は当時のままで正直それだけで鳥肌が立ちました。

特に気に入ったのは、最後のアナザークウガ戦で、人々の前に怪物が沢山出てくるのですがそこで平成ライダーが登場し、最後には全員で必殺技を繰り出すのはとても心が揺れました。
ファイズのクリムゾンスマッシュやブレイドのライトニングブラスト、龍騎のファイナルベント、ディケイドのファイナルアタックライドなど…私が好きだったライダー達が必殺技を放つ、エモすぎる以外の何者でもないじゃないですか。最高かよと。BGMもクウガのOPのアレンジかな?と思われる節もあり鳥肌が立ちました。
アナザークウガ戦でほとんどを持っていかれましたね。全部よかったんですけどここの印象が強すぎました。

少し話を変えて電王のシーンのお話もしましょう。佐藤健さんが登場するということは映画の公式Twitterで観ていたのでどこだろうなとワクワクしながら観ていました(電王が出るのが確定ならイマジンとかも出てきそうだなと睨んでいました)。
電王が無双するシーンではモモタロスやウラタロス、キンタロスにリュウタロスが出てきて最後に全員集合という神ってる展開で大興奮でした。オリジナルキャストが出てくるとは予想だにしなかったのでファンの私からしたらとても嬉しかったです。特にオーナーが当時のままの姿で出てきたのは何故か感動してしまいました。
他のシーンでもオリジナルキャストがライダーの声を当てていたりと平成ライダー20周年というのもあって凄いなと感動しました。

エンディングロールでは歴代平成ライダーの主題歌がメドレーになって流れ、ライダーの写真が流れるというものでこれも鳥肌が立ちました。スタッフロールも見逃さないで欲しいです。誰がオリジナルキャストで出ているかというのがわかるのでヤバいです。

こんな感じでめちゃくちゃ面白い映画なので平成ライダーが好きだ!という人は是非観てください!ジオウもビルドもあまり知らない私でもこんなに楽しめました。

では、また別の記事でお会いしましょう!
またねっ

どうも、ソロモンです。12月23日、大阪のESAKA MUSEで行われたライブレボルトのライブに飛び入り参加しました。まず一言だけでいうと

ライブレボルト最高かよ!

です。まあ何から何まで楽しかったです。1曲1曲のコールとか、レッドゾーンの人のオタ芸とかモッシュとかほら貝とか銅鑼とか演者さんのノリとか…
全てが面白かったです。これほど面白くて笑えるライブ、なかなかありませんね(あまりライブに行くことは無いのですがw)。

曲もいいし、楽しいし、演者さんのダンスも完成度が高くて格好いいしですごくよかったです。
本音から言うと一度現場を見てみることをオススメします。評判ほど魔境でもないですし少なくとも私は行ってよかったと思いました。

では今回はこれくらいで。また別の記事でお会いしましょう!またねっ

最後に写真を上げておきましょうか。

20181223_155227578

20181223_162918564


続きを読む

どうも、ソロモンです。11月24日土曜日に愛知県名古屋市熱田区の名古屋学院大学で行われた『project758』のイベント、『project758 サミット2018-また逢う日まで-』に参加してきました。

20181124_201048421


私にとっては春の『パリパリパーリィ』のイベント以来でしたが今回のイベントもとても楽しかったです。やっぱり生でイベントに参加するとニコニコ生放送などの画面を通してライブ放送を見るものとは違ったものがあっていいですよね。

話を戻しましてイベントのレポートにいきましょう。今回は約4時間にも及ぶ超ボリュームなイベントでした。

  • 開幕の挨拶
お偉いさんや名古屋市長のビデオメッセージから始まり、オープニングムービー、キャスト登壇とありました。今回のキャストは10名+学生さんアシスタントとものすごく豪華で挨拶の後準備をしてコーナーへ。

  • げんでる公録1本目
毎週日曜日に配信されている小澤亜李のげんでる!12月23日分の公録でした。(ネタバレ注意のため後述します)

  • 758タイムス公録
げんでる内で流れるコーナーの公録です。ここには名古屋学院大学の学生さんも登壇され、名古屋クイズが行われました。地名の漢字の読み方クイズや過去放送からの出題や方言クイズなど、楽しく名古屋やproject758を知ることができました。

  • げんでる公録2本目
同じくげんでるの12月30日放送分の公録でした。これもネタバレ注意のため後述します。

  • 生ミニドラマ
キャストさんが登壇されイベント限定の生ボイスドラマがありました。「面白いお話なのかな?」と思っていたら割とシリアスで楽しかったです。

  • 新情報
新キャラクターが登場したり新曲が決定したりとこれからの活動も楽しみになりました。

  • エンディング
楽しかった時間もあっという間。キャストさんが一言ずつコメントをされました。

 


私はこのイベントをきっかけに、今まで以上にproject758を好きになり、これからの活動も楽しみだなと思いました。project758でキャラクターのモチーフになったところで訪れられなかったところもあったのでいつか行こうと思います(行くことになったら動画でレポートすると思います)。
そして、何よりも初めて生で見る声優さんも多かったので印象がいい方向に変わったり、ファンになったりしました。色々な人を知るきっかけにもなったし今回のイベントに参加してとてもよかったです!

では、また次回のブログ記事でお会いしましょう!またねっ



(以下ネタバレ注意)





・23日分公録
オープニングトークの後、放送が12月23日にで洲崎さんのお誕生日(12月25日)お祝いのコーナーがありました(時空の歪みってやつです)。
そして2018年の総決算ということでキャストの皆さんが2018年一番楽しかったこと・泣いたこと・後悔したことを発表されました。キャストの皆さんが座っているテーブルの前にスタンドマイクが出され、そこで暴露するというもので面白いものから真面目なものまであり、かなり笑いました。


・30日分公録
今回はオープニングトークのあと、コーナーで1本目でも行われた総決算がありました。キャストも総入れ替えだったので同じ質問でも色々な答えがあって面白かったです。
そして、名古屋テレビ塔が新しくなるということでお偉いさんのお話があり、名古屋テレビ塔の今後やこれまでを聞くことができました。テレビ塔に関連した名古屋テレビ塔で言われたいセリフ選手権は内容が濃く、面白かったです。
エンディングトークも内容が濃くかなりの間笑っていました。


イベント、ええですね。スタッフの皆様、キャストの皆様はじめ本当にお疲れ様でした。拙い文章ですがこれでイベントレポートを終わらせていただきます。ここまで読んでいただきありがとうございました!

どうもソロモンです。ブログをサボってかれこれ約1週間。本当に有言実行が出来ていませんね。まるでどこかの公約みたいですね(笑)

そんなことはおいておいて今回は2018年10月21日に大阪南港のインテックス大阪で開催された東方紅楼夢という同人イベントに参加してきたので感想を書いていこうと思います。

私自身東方紅楼夢の参加は2回目で2016年の参加記録はこれまたブログにしているのでぜひご覧下さい。当時のクソみたいな文章力が晒される…恥ずかしい(笑)
今年は少しお金に余裕が無かったので本当に最低限の買い物となりました。


まず1つ目は

緋月ノ雫さんの新譜の東方シノアリス風アレンジです。シノアリスといえば前も記事にしましたが、私がハマっているスマートフォンアプリゲームです。今回はそのゲームに登場するBGM風アレンジということですが、すごく忠実に再現されていて、何度聴いても飽きることがないです

2つ目は

まるみ屋さんのゆゆみょんキーホルダーです。2年前もTシャツと本を買わせて頂いたサークルです。やっぱりちびみょんは可愛いなぁ


東方紅楼夢のレポートは買ったものもこれだけなのでこんな感じで終わらせていただきます。その後の打ち上げはまた後日公開させて頂こうと思います。
では、またねっ

どうもソロモンです。今回は7月20日に公開された未来のミライの感想をできるだけネタバレを減らして書いていこうと思います(減らしてるだけなので少しはネタバレ要素があるかもしれません)

滅多に映画を観に行かない私がこの映画を観ようと思ったきっかけは、何回もこのブログに書いているかもしれませんが私の好きな声優さんの「本渡楓さん」が「赤ちゃんミライちゃん」役で登場しているということを彼女のラジオで聴いたからです。(逆に言うとそのラジオを聴いていなかったら映画を観に行ってなかったかも…?)

前置きはその辺にしておいて早速本編へといきますが、結論から言うと結構面白かったです。
映画を観たあとに知ったのですがレビューはイマイチだったらしい…(声優さんがどうこうの話だったらしいのですが深夜アニメを頻繁に観ている私からすれば特に気になりませんでした。)

それでは少しだけ私の感想を書き連ねていこうと思います。

まずは、肝心の赤ちゃんミライちゃんですが最後まで出番があって安心しました。また、本渡さんの赤ちゃんの演技を聴いて「本渡楓さんを応援していて、好きでいてよかった」と思いました。『赤ちゃんの役をやりたい!』とずっと言い続けてきた彼女の夢が叶って本人さんではないですがすごく嬉しかったです。

次に、主人公の男の子「くんちゃん」と幼少期の私がよく似ているなぁと思い親近感が湧きました(鉄道が好きなところとか、年下の兄弟がいることとか、ワガママだったところとか…)。自分に似た主人公がいるだけで観る視線が変わるのがやっぱり面白いところですね。

3つ目に、劇中で描かれた未来の東京駅(10年後くらいなのかな?)の凄さに驚きました。(今は無いはずの)ホームドアが駅についていること。色々な新幹線が地上ホームからだけでなく地下ホームからも行き来していること(今の東京駅の地下は総武快速線と京葉線が行き来してたはず)。しかもその地下ホームに鉄道博物館かと疑うレベルの歴代の車両(0系新幹線とか)がいること。駅の標識が多言語に対応していて電光掲示板の如く変わったりしていること。などなど「とても面白い構造をしてるなぁ」と思ってしまいました。(そんな東京駅を見てみたい)

正直なところ当たり前のことかもしれないけれど人によって好き嫌いがハッキリしそうですね…私は好きですが…(ひいおじいちゃんのシーンが1番のお気に入りです)

そして私がこの映画から得たメッセージは

過去も未来も全部現在に繋がっている

ということです。

主人公のくんちゃんは色々なことをきっかけにタイムリープして、色々な人から教えてもらって成長しているのを見てこのメッセージを受け取りました。子供目線から描かれている世界はとても大きく広いものだなあと感じました。
過去がないと今が無いし、未来が無いと今が無い。きっとそういうことなんだなと思いました。


今こうやって、過去から繋がって今を生きていれることや未来があるということに感謝し、心に留めて今を生きていきたいです。

私の未来はどうなっているだろうなぁ…楽しみです。



だらだらとつまらない文を書き連ねてしまいましたが「私の」ブログですので許してください。
ではでは

このページのトップヘ