前回の記事でこれ以降WUGについての記事は書かないと言ってしまいましたがやっぱり最後にまた彼女たちについて書きたくなりました。ごめんなさい。

実はファイナルライブの翌日、アニメの舞台となった宮城県の仙台市に行ってきました。やっぱりどうしても行きたいという気持ちが出てきたのでえきねっとのトクだ値で東北新幹線の指定席を予約していました。
発券したのはもちろん約束の地、さいたまスーパーアリーナの最寄りであるさいたま新都心駅。ファイナルライブ前に買いました。

20190309114501_IMG_2724

20190309130051_IMG_2748

20190309130210_IMG_2750

20190309130407_IMG_2753

念願の地、仙台。アニメに出てきた場所を沢山巡ってきました。

20190309131248_IMG_2758

20190309131257_IMG_2759

20190309131347_IMG_2761

仙台駅の観光案内所には『Wake Up, Girls!の舞台、仙台へようこそ!』のボードがありました。

20190309131023_IMG_2755

作中に何回も登場している仙台駅の外観ですね。

20190309135012_IMG_2766

北仙台駅から少し歩いたところにある青葉神社ですね。

20190309140026_IMG_2769

喫茶ビジュウさん。食事をしたかったのですが定休日ということだったのでまた行く時に行こうと思います。

20190309140143_IMG_2773

熊谷屋さん。中でワグナーさんとお会いしてお話をすることができました。楽しかったです。

20190309140211_IMG_2775

20190309140217_IMG_2776
 
熊谷屋さんの中にはアニメWake Up, Girls!のキャラクター、林田藍里ちゃんのグッズやスタンドがありました。ここで仙台せんべいを購入。仙台にまつわるものの模様があり見るだけでも楽しめました。甘みがあって美味しかったです。

20190309140102_IMG_2772

劇中で登場したWake Up, Girls!が所属する事務所のモデルとなった場所です。現実だと学習塾なんですね。

20190309141520_IMG_2780

勾当台公園にある野外ステージ。アニメだと最初にライブをしたところですね。「島田真夢じゃないか!?」のところです(笑)

20190309170931_IMG_2793

ここはアニメとは関係ないですがゲーマーズさんにはキャラクターのスタンドがありました。

20190309174955_IMG_2805

20190309175122_IMG_2808

20190309175126_IMG_2809

20190309175032_IMG_2806

20190309175709_IMG_2817

20190309175712_IMG_2818

20190309175645_IMG_2816

そして帰りは仙台空港へ。鉄道むすめとコラボしておりヘッドマークを付けた列車が走っていたらしいです。駅の発車メロディもWake Up, Girls!の『言の葉 青葉』で記録することができました。

https://youtu.be/1U37or5DDls


この仙台旅行でWake Up, Girls!についてたくさん触れることが出来ました。行けていない聖地もありますがまた行きたいですね。
こうやって私と東北との距離を近づけてくれたのは間違いなくWake Up, Girls!です。本当に知ることができてよかったです。もっと早く出逢っていれば、もっと夢中になれていたら、そんな『もし…』はたくさんありますが終わりが来るものは来てしまいます。本当に後悔しても悔やみきれません。ですから諦めて前だけを見続けることにしました。
Wake Up, Girls!に出逢ったことで交流の輪が広がり、新しいことを知る事ができ、仙台に行くことができた。これは私にとって大きな成長のひとつです。Wake Up, Girls!というグループが解散してもキャストさんはいなくなる訳ではありません。むしろ成長し続けてより大きな存在になっていくでしょう。だから私も前を向いて頑張っていこうと思います。

よっぴーの言葉ですが『人生第二章の始まりです!

そして、あいちゃんの言葉ですが『桜のような人間になります!

土曜日のフライトの歌詞『忘れないで上手に忘れて』。本当に忘れられない経験をありがとう、Wake Up, Girls!

さようならのパレードの歌詞ですが『


Wake Up, Girls!はPolarisになって私たち、ワグナーの心に輝き続けます!!!!!!!!!!!!

ただのワグナーが何を言っているんだと思われそうですが私はWake Up, Girls!に出逢ってから短いですが心からWake Up, Girls!を愛しました。ユニットは解散してもプロジェクトは続きます。これからもワグナーみんなで楽しいコンテンツを作っていきましょう!

WUGちゃん、
本当にありがとう、そして永遠になれ!