どうも、ソロモンです。こんな深夜にブログ更新をして何があったんや!?と思われるかも知れませんがどうしても忘れないうちに記録、共有したいなと思ったことがあったので書かせていただきます。
今回は、文化放送超A&Gさんで毎週月曜深夜2時から放送されている本渡楓と天津向の本渡上陸作戦という映像付きラジオの5月7日分(第110回?)配信でパーソナリティの本渡楓さんがとても自分の心に響く発言をされていたのでそれについて考えた、感じたことを書かせていただきます。

きっかけは番組コーナーであるポエムでした(近況トークみたいなものなのです)。そこでパーソナリティの本渡楓さんは、御出演のアニメ刀使ノ巫女のアニメイベント(刀使祭四の太刀)でファンの方からフラワースタンドを頂いたということを話しておりました。

パーソナリティの天津向さんの『本渡さんは本当に刀使ノ巫女お好きですよね』というような発言から話は盛り上がり、本渡さんが演じているキャラクターの衛藤可奈美ちゃんのイラスト(本渡さん本人が描かれたものやフラワースタンド、楽屋花のもの)や着ておられた服(これも可奈美ちゃんのキャラTでした)のお話などから聴いていた自分に本渡さんの【刀使ノ巫女愛がひしひしと伝わってきました。
向さんのポエムのところでもさらに話は盛り上がり、お手紙が元気の源になっていることや、本渡楓さんが御出演された他のアニメ作品(アニメガタリズやこみっくがーるず、ヒナまつりなど)についても語っていらっしゃいました。

自分はそれを聴きながら『自分の出演した作品をここまで愛せるって本当に素晴らしいことだなぁ』と心の底から思いました。感動ってこうやって伝わるんだなぁということを感じました。また、『もっとこういうお話が聴きたいなぁ』とラジオという、時間がある以上叶わないであろうことまで願ってしまいました。

人間は他人になることはできないし、それぞれの考え方や価値観だってあります。でも、その気持ち、考え方、価値観を他人に伝える、つまり共有することだってできます。それを受け取ってわかること、気づくことがあるということに改めて気づきました。
今回の放送で愛』という目には見えない大切なものについて深く考えさせられました。
そこから思ったことがあります。それは

自分の気持ち(愛)を伝えることは恥ずかしくないしむしろ伝える、共有するべきであるということ。そして愛って本当に素晴らしいものだなぁ

ということです。
『好きなものは好きと言う!』『自分の気持ちをもっと色んな方々に伝える!』
ということを今後ももっと大事にしていこうと思いました(ブログやSNSという方法も沢山ありますし)。


皆様、ご閲覧誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします!
それではまたねっ