ソロモンの日記

参加したイベントとかどんなことをしたとか日常的なことをだらだら書いています!

色々な記事を書いています!
twitterもやっています!【https://mobile.twitter.com/Solomon_Scared_

どうもお久しぶりです、ソロモンです。一ヶ月サボっていて申し訳ないです…
今回は平成最終日だということで振り返りつつ記事にしていこうと思います(といっても平成最後だといってワイワイするのは苦手なのですが…)。
今日になっても平成が終わるという実感が湧かないのですが令和になったら湧いてくるのでしょうか…?

まあ前座はここまでにして早速本題へいきましょう。

あなたにとって平成はどんな時代でしたか?


私がそうなのですが平成に生まれたという人も沢山います。昭和生まれの人ですとバブル崩壊からの平成不況、スポーツファンの人は長野オリンピックやサッカーワールドカップなどのスポーツ、そして忘れてはいけない日、阪神淡路大震災や東日本大震災、熊本地震、広島豪雨などの自然災害を思い浮かべる人も多いでしょう。ただ、江戸、明治、大正、昭和と日本は戦争があった時代から平成が『戦争のない(細かくいえば中東の湾岸戦争だったりイラン・イラク戦争があったりテロ問題があったりしたのですが)』時代になるということを天皇陛下は12月の会見で仰っていました。戦争のない時代、平和が1番だというのはわかりきっていることなので幸せなことです(といっても平和ボケしていたらダメですが)。

私はどうしても『インターネット』が思い浮かびます。平成はインターネットの時代だったと思っています。

今使っているスマートフォンだったりタブレット端末、機能性の高いノートパソコンの端末類、TwitterやInstagramのSNSやスマートフォンでできるゲーム、電子書籍とかも平成に作られ台頭してきました。テレビやラジオの時代から次第に移りつつあるのです。

インターネットだったり電子機器だったりは私がもし平成初期に戻されたらそれで1番苦労するんじゃないかなというほど今の生活では欠かせないです。

平成初期は携帯電話なんて「持っている人を探す」くらいのものだと聞いています。平野ノラの芸で出てくるような大きな箱のような電話機を外に持ち歩くのはさぞ目立っていたことでしょう。

地図も今ではGoogleマップとかで直ぐに出せますが昔は紙の地図だったり駅や街頭に置いてある固定された狭い地図だったと考えると本当にスマホで見れる地図にはびっくりしますよね。拡大縮小ができたりルートが見れたり口コミが見れたり…と。想像もできなかったことでしょう。

人との待ち合わせも今ではLINEやTwitterなんかですぐできますが昔は家の電話や公衆電話でアポを取って地図で探しながら向かう。今の子供から見たら「古代人か!」とつっこまれそうですがこれも10年前くらいまで当たり前だったと考えると恐ろしいですね(今ではネットを通じて友人関係が作られていったりというのもありますし…)。

ネットやスマホの機能で現代と過去を比べているとキリがなくなるのでこれ以上語りませんが要するに『私たちが想像出来ないほど便利になった』ということですね。
今ではネット発の有名人だっている訳ですし昔からしたらわけが分かりません。有名人と一般人の距離が近くなったということはいい面もあるし悪い面もあるしなんていうことを語ったらもう飽きられるのでドブに捨てますがもう凄いとしか言えませんね(笑)
ネットが世界を変えた、変えているというのが現実ですし、これからももっと凄い技術だったりモノが出てくると考えるとワクワクする反面、「上手く使いこなせるか」「凶器にならないか」「時代に置いていかれないか」「昔がいいとか言い張るような老害にならないか」など心配はたくさんありますが常に最新の知識を習得して時代の最先端を行く人になりたいですね。未来を恐れていても何も起こりません。今を生きる必要があると私は思っています。「『今』を大切にすること」や「学び続けること」は今までもこれからも変わらない大切なことだと私は思っているのでこれを大切にしたいです。

そろそろ締めようと思うのですが平成の31年をこんな記事にまとめられるはずがありません。一人一人の平成時代があって一人一人の歴史や思い出があります。自分の平成史作ってこれたらいいのです。それは私にもあります。素敵なことですし忘れてはいけないことだと私は思います。


令和時代には何が起こるかな?どんなことをしているのかな?どんな世の中になるのかな?どんな自分になれるのかな?物凄くワクワクします!!!


このワクワクを大切にして令和時代も駆け抜けていきたいですね。

ありがとう平成!!!

今回はここで締めます。
では令和でまた会いましょう!
またねっ

前回の記事でこれ以降WUGについての記事は書かないと言ってしまいましたがやっぱり最後にまた彼女たちについて書きたくなりました。ごめんなさい。

実はファイナルライブの翌日、アニメの舞台となった宮城県の仙台市に行ってきました。やっぱりどうしても行きたいという気持ちが出てきたのでえきねっとのトクだ値で東北新幹線の指定席を予約していました。
発券したのはもちろん約束の地、さいたまスーパーアリーナの最寄りであるさいたま新都心駅。ファイナルライブ前に買いました。

20190309114501_IMG_2724

20190309130051_IMG_2748

20190309130210_IMG_2750

20190309130407_IMG_2753

念願の地、仙台。アニメに出てきた場所を沢山巡ってきました。

20190309131248_IMG_2758

20190309131257_IMG_2759

20190309131347_IMG_2761

仙台駅の観光案内所には『Wake Up, Girls!の舞台、仙台へようこそ!』のボードがありました。

20190309131023_IMG_2755

作中に何回も登場している仙台駅の外観ですね。

20190309135012_IMG_2766

北仙台駅から少し歩いたところにある青葉神社ですね。

20190309140026_IMG_2769

喫茶ビジュウさん。食事をしたかったのですが定休日ということだったのでまた行く時に行こうと思います。

20190309140143_IMG_2773

熊谷屋さん。中でワグナーさんとお会いしてお話をすることができました。楽しかったです。

20190309140211_IMG_2775

20190309140217_IMG_2776
 
熊谷屋さんの中にはアニメWake Up, Girls!のキャラクター、林田藍里ちゃんのグッズやスタンドがありました。ここで仙台せんべいを購入。仙台にまつわるものの模様があり見るだけでも楽しめました。甘みがあって美味しかったです。

20190309140102_IMG_2772

劇中で登場したWake Up, Girls!が所属する事務所のモデルとなった場所です。現実だと学習塾なんですね。

20190309141520_IMG_2780

勾当台公園にある野外ステージ。アニメだと最初にライブをしたところですね。「島田真夢じゃないか!?」のところです(笑)

20190309170931_IMG_2793

ここはアニメとは関係ないですがゲーマーズさんにはキャラクターのスタンドがありました。

20190309174955_IMG_2805

20190309175122_IMG_2808

20190309175126_IMG_2809

20190309175032_IMG_2806

20190309175709_IMG_2817

20190309175712_IMG_2818

20190309175645_IMG_2816

そして帰りは仙台空港へ。鉄道むすめとコラボしておりヘッドマークを付けた列車が走っていたらしいです。駅の発車メロディもWake Up, Girls!の『言の葉 青葉』で記録することができました。

https://youtu.be/1U37or5DDls


この仙台旅行でWake Up, Girls!についてたくさん触れることが出来ました。行けていない聖地もありますがまた行きたいですね。
こうやって私と東北との距離を近づけてくれたのは間違いなくWake Up, Girls!です。本当に知ることができてよかったです。もっと早く出逢っていれば、もっと夢中になれていたら、そんな『もし…』はたくさんありますが終わりが来るものは来てしまいます。本当に後悔しても悔やみきれません。ですから諦めて前だけを見続けることにしました。
Wake Up, Girls!に出逢ったことで交流の輪が広がり、新しいことを知る事ができ、仙台に行くことができた。これは私にとって大きな成長のひとつです。Wake Up, Girls!というグループが解散してもキャストさんはいなくなる訳ではありません。むしろ成長し続けてより大きな存在になっていくでしょう。だから私も前を向いて頑張っていこうと思います。

よっぴーの言葉ですが『人生第二章の始まりです!

そして、あいちゃんの言葉ですが『桜のような人間になります!

土曜日のフライトの歌詞『忘れないで上手に忘れて』。本当に忘れられない経験をありがとう、Wake Up, Girls!

さようならのパレードの歌詞ですが『


Wake Up, Girls!はPolarisになって私たち、ワグナーの心に輝き続けます!!!!!!!!!!!!

ただのワグナーが何を言っているんだと思われそうですが私はWake Up, Girls!に出逢ってから短いですが心からWake Up, Girls!を愛しました。ユニットは解散してもプロジェクトは続きます。これからもワグナーみんなで楽しいコンテンツを作っていきましょう!

WUGちゃん、
本当にありがとう、そして永遠になれ!

どうも、ソロモンです。前回http://solosan55.com/archives/28543282.htmlの続きから書いていきます。


【11.HIGAWARI PRINCESS(7人ver.)】

まさかここで7人ver.が聴けるとは思いませんでした。バトンステッキの受け渡しが本当に可愛かったしステージをめいっぱい移動しているのもよかったです。衣装も変更されていてドレスがこれまた綺麗。いいユニットだなぁと思いました。


【12.スキノスキル】

デスマーチからはじまる異世界狂想曲のエンディングテーマですね。アニメは観ていないのですが曲調が優しくて可愛らしいのがいいですね。生で聴いて曲に対する好感度が上がりました。


【13.僕らのフロンティア】

私がWake Up, Girls!で初めて聴いた曲だったので愛着があるんですよね。曲が流れ始めた時に当時のことを思い出してジーンときました。ペンライトが空色になっていたのも綺麗で本当にライブっていいなぁと思いました。


【14.7 Senses】

MCがあってからのこれは盛り上がりましたね。CDで聴いた時からお気に入りだったので自分の中でとても盛り上がりました。バックで流れている映像もアニメ映像でよかったです。


【15.極上スマイル】

「なんだか違う〜!」や「Foo!」のコールがとても楽しかったです。これもバックの映像が面白かったです。


【メッセージ】

急に映像が始まってびっくりしましたが
I-1clubなどのユニットからWUGちゃんへのメッセージで、WUGちゃんは本当に愛されているんだなと感じました。


【16.雫の冠】

MEMORIALの衣装に着替えてWUGちゃんが登場してきたので「もう終わってしまうのか…」とだんだん寂しくなってきました。衣装の頭にあるティアラみたいなものが雫の冠なのかなと考えながら聴いていました。バラード曲はいいですね。しんみりきました。


【17.少女交響曲】

初めて聴いた時からとても格好良くて大好きな曲で、イントロが流れた時に思わず「おお!」と声が出てしまいました。ダンスも可愛らしく格好いいし歌もいいしで最高でした。


【18.Beyond the Bottom】

少女交響曲からのこの曲は痺れるくらいよかったです。歌声はとても綺麗でしたしハモりもとても美しかったです。これもCDで聴いた時から好きだったのですが生で聴いてより一層好きになりました。アニメの映像のようにさいたまスーパーアリーナがペンライトで白一色となり本当に神様が降りてきたと言ったらいいのでしょうか?言葉では表せないほど幻想的な空間が広がっていました。


【19.海そしてシャッター通り

サンプルやCDで聴いた時に「いい曲だなぁ…」と思っていたのですがライブ前にキャストさんのコメントなどを読んで「これはじっと聴こう」と思い、ライブではステージの演出とキャストさんのダンスをじっと見ていました。ステージでは東北の映像が流れていたのを見て、コンテンツがここまで積み上げてきたものって素敵だなあということや東北に行きたいということを感じました。


【20.言葉の結晶】

これもサンプルやCDで聴いた時から「何だこの曲、マジでやべーな…」と思っていました。無音になるところはペンライトや演出のライトも消えて『無』の空間が出来たのは本当にびっくりしました。こんなにも完成されたライブの曲は初めてでした。


【21.土曜日のフライト】

綺麗な曲の中に『卒業』など、別れを連想させるようなワードがあり、しんみりする気持ちになりました。最後の最後の生で聴くと重みが違いすぎますね。サビのところで手を叩くところが楽しかったです。


【22.さようならのパレード】

歌詞の様々なところにWUGの曲をチラつかせる所があってこのライブで歌われた曲や想い出を思い出しながら聴いていました。『♪あの時約束したでしょう』や『♪極上の笑顔で』のフレーズなどで感動しました。ステージの演出もよく、歌詞が歌っているキャストさんの色で出ていて『♪また会いたいんだ』のところで全員分の7色になる演出はジーンときました。彼女たちの歌声がこれからの希望に満ち溢れているように感じたので不思議と涙は出ませんでした。初めてFULLを聴いた時は「ライブで聴くと泣いてしまうだろうなぁ」と思っていたのでなんだか不思議な気持ちになりました。

最後に『Wake Up, Girls!』のロゴが緑と青でスクリーンに出てきて旗になった時「これで本当に終わってしまうのかな」と寂しい気持ちになりました。しかし、ここからアンコールで感情がドン!と来ることをまだ私は知りませんでした。

WUG組曲と称される「海そしてシャッター通り」「言葉の結晶」「土曜日のフライト」「さようならのパレード」は4曲あってからこそ完成する美しいひとつの作品だということ、そしてこれがもう二度と生で聴けないということを実感し、心の中が「寂しい」「感謝」「悔しさ」などのたくさんの感情が入り乱れぐちゃぐちゃになりました。



【アンコール】

ライブ恒例のアンコールですが緑色のペンライトを振りながら「Wake Up, Girls! Wake Up, Girls!………」とコールするのがアニメのOPの映像みたいだなあということを思い出してとても盛り上がりました。



【アンコール1.SHIFT】

最初はコールが楽しく盛り上がるこの曲だったので思い切り楽しみました。ダンスがとても可愛く魅力的だったので印象に残ってます。


【アンコール2.地下鉄ラビリンス】

再びトロッコが登場しました。キャストさんもワイワイしながら歌っておられていたのでとても楽しかったです。どうでもいいのですが自分は推し地下鉄の色のペンライト(大阪メトロ御堂筋線の赤)を振っていました


【アンコール3.TUNAGO】

曲前のMCでWUGちゃんがここまで積み上げてきたものを感じました。公式のYouTubeに振り付けの動画


があったので覚えてからライブに参加しました。私はダンスが下手くそなのですが聴いているとやっぱりWUGちゃんや東北と心が繋がっているんだなという感じが湧いてきました。東北地方のイオンのCMだったということを知り、より好感度が増しましたしコンテンツのすごさを感じました。積み上げてきたものが消えることは無いのでこれからも繋いでいきたいです。


【ダブルアンコール】

「Polarisが聴きたい!」とひたすら思い「Wake Up, Girls!」コールをしていました。ダブルアンコールなんて経験したことがなかったのですがそんな夢みたいなことが実現するとはなぁ…


【WUGちゃんからの感謝の手紙】

全文はファミ通.comに載っていますので目を通して頂ければ嬉しいです。

【高木美佑さん】
「ありがとう」一つ一つに重みがあり言葉の力を感じました。今ここにいるのは当たり前じゃない奇跡だということはわかっているのだけどグッときました。「WUGを見つけてくれてありがとう」というところでは「こっちこそWUGを知れてよかったよ…」と思いました。
BGMで流れているPolarisのボーカル無しバージョンがこれまたよかったです。

【山下七海さん】
「だから、絶対繋いでく!」が心に刺さりました。今まで積み上げてきたものは消えないし未来に繋がっていくということを感じました。

【田中美海さん】
「WUGのために時間を作って…」という所から色々考えさせられました。「Wake Up, Girls!を選んでくれてありがとう」という所でも感動しました。この手紙のところで「WUGのライブに来てよかった」と、この日何回も思いましたがここでそれが更新されました。

【吉岡茉祐さん】
「1度ゴールを迎え、新たな扉を開けます。」という言葉でメモリアルアルバムのパッケージを思い出して感動しました。「ここ(さいたまスーパーアリーナ)にWUGがいたことを」忘れないしずっと心の中で輝き続けると思います。「さいたまスーパーアリーナのWUGのライブに行けてよかった」と思いました。Polarisの歌詞を一部引用しているのもよかったです。

【永野愛理さん】
「すべてが繋がって今があるのだと実感します。」や「7人でスタートを切って、7人でゴールテープを切れることって、簡単そうでとても難しいことだと思う。」など私の心に刺さった言葉が沢山ありました。この手紙を聞き一気に彼女の考えに共感出来ることがあり、その考えが好きになりました。全文を何回読み返しても鳥肌がたちますし私も「桜のような人間」になれるように努力していきたいと思いました。

【奥野香耶さん】
時々面白い言葉もありました(「ジョギング中に迷子になって消えたよっぴー」など)が方言を話された時に「地元のことが本当に好きなんだな」と思いました。「私が輝けるのは90%の人が理解できないことをしているときです。」という言葉で色々と考えさせられました。岩手に行きたくなりました…

【青山吉能さん】
「人生第二章」がこれから始まるという希望の中に少しの不安を感じましたが私も素敵な「人生第二章」を送っていきたいです。間違いなく心の中でWUGは生き続けるし大好きな気持ちは変わらないと思います。


【ダブルアンコール.Polaris】
会場のペンライトが白一色から赤一色に変わる時は「おお!!」となりました。肩組みをやってみたかったのですがキャストさんの活躍を目に焼き付けることに夢中になっていて、曲が終わった頃にその後悔が襲ってきました。ラストのサビの歌詞をアレンジしてくれていたのでもとても感動しました。今までに見たライブパフォーマンスの中でトップクラスでした。

【トリプルアンコール.タチアガレ!】
まさかトリプルアンコールがあるなんて思いもしませんでした。もう感動です。ワグナーさんもキャストさんも、会場全体が最高潮になってからのイントロの「Wake Up, Girls!」コールで思わず涙を流しました。
これが本当に最後なのかと思うとやっぱり最後まで楽しもうと思い夢中になっていました。何を考えていたのかなんてもう思い出せないというか言葉にできないというか…
最高のパフォーマンスを見ることが出来たし喉が枯れるほど叫びました。「本当にありがとう…これがWake Up, Girls!の作る伝説なのか…」というのが曲が終わってキャストさんが退場していく時の感想です。絶対に忘れることは無いし心に深くこの「2019.3.8」が刻まれました。


とここまでブログを書いてきましたがこの伝説のライブに参加できたのはチケットを譲って下さったTwitterのフォロワーさんのおかげです。そして何よりWUGちゃんがいて、WUGを教えてくれた方がいて、WUGを好きになった自分がいて、会場全体にワグナーさんがいて…この全てに感謝しないといけませんね。
本当に参加できてよかったです。
何度も書きましたが関わってくださった皆様やこの拙い文章を読んで下さった皆様、本当にありがとうございました。
あの空間に居れたこと、本当に幸せでした。

WUGちゃん、ありがとう。これからのご活躍も楽しみにしています。

ではこんな感じになりましたがWake Up, Girls!関連のブログ記事はこれで最後になると思います。
3月になってWake Up, Girls!について書き始めましたが読んでくださった方本当にありがとうございました。
次回からはまた通常運転に戻ると思いますがよろしくお願いします。

では、またねっ

20190308171005_IMG_2616

20190308173042_IMG_2617

20190309070733_IMG_2647

このページのトップヘ